仲良くなった女性を初めてデートに、さりげなく誘う方法

女性と交際を始めるためにはまずは仲良くなる必要がありますが、仲良くはなったものの、まだそれほどでもないという関係の場合

更に関係を深めていくためには、彼女をデートに誘ってさらに親密度を深めていく必要があります。

でもどうやって初デートに誘えば良いのでしょう

 

ある程度仲良くなって、相手の女性をデートに誘おうと思っても

まだお互いのことをよく知らないのにいきなりデートに誘っても、断られる可能性が高いです。

しかし、彼女をデートに誘う、といってもなかなかきっかけがつかめませんし、もし断られたら、その後の展開もやりにくくなってしまいますから、なかなか誘うきっかけもつかみについ場合があると思います。

女性とデートしている男性

相手の女性をさりげなく初デートに誘うきっかけの作り方

そこで、まあ定番なんですけれど

デートならぬデートに誘うという手段があります。

まず「デート」という言葉は使わないということ

「今度デートしない」という誘い方だと、

「デート」=男女関係

ということで、相手の女性がまだそこまでの気持ちになっていなかった場合、ちょっと構えてしまって、あなたの誘いに乗りにくくなってしまいます。

ですから、誘う時にはデートではなく
「ご飯食べに行かない?」とか「○○に一緒に行かない?」というような誘い方をします。

そして、さらに、デートに誘っているのではなく、そこに二人で行く必然性があることを演出します。

男女

例えば

新しくできたお店や話題の施設に行ってみたいのだけど、自分ひとりでは行きにくい

映画やコンサートのチケットを2枚もらったのだけど、一緒に行くような人がいない
(手に入りにくいチケットでなければ、彼女にOKもらってから購入しても良いのですよ)

妹の誕生日プレゼントを買いに行くのだけれども、女性のアドバイスがほしい
(妹でなくても、叔母、姪、母、その他誰でも良いです。ただし、彼女に送るためという理由だけは止めといた方が良い)

「○○ちゃんは妹と趣味が似ているから、きっと妹が喜ぶようなプレゼントを選べると思うんだ」
なんて特別感を出せればなお良いです。

あるいは、簡単なことでも何でも良いですから相手の女性に何か頼み事をしたり、手伝ってもらったりして、そのお礼として食事に誘う

こういう誘い方をすれば、二人でそこに行くことに必然性が生まれて、相手の女性も断りにくくなりますし、

いわゆるデートに誘ったわけではないので、万一断られても、後に尾を引きにくいというメリットも有ります。

デート中の男女

加えて、相手の女性に

「お礼にごちそうするから(おごるから)」
「とってもしゃれたお店で、しかも最後に出てくるスイーツが美味しいって評判なんだ」
「すごく人気のお店なんだ」

などと、だめ押しのメリットを与えましょう。

相手の女性がOKしたあとが肝心

相手の女性がデート?の誘いに乗ってきてももう一押ししておく事が肝心です。

女性がデートの誘いにOKサインを出したところ

彼女があなたの誘いにOKだったら、すかさず

具体的なデートの日時を決めてしまいます。

また今度じゃ、彼女の気が変わってしまう可能性があります。

「じゃあ、今度の日曜日は空いているかな」
「10時にアルタ前で待ち合わせでいい?」などなど

デートが終わったあとのフォローが大切

そしてそして

見事、彼女との初デートがうまくいったら

デートの最後に

「ホントに今日はありがとう、すごく楽しかったよ。また今度買い物に付き合ってくれる?」

などと、次のデートに誘いましょう。

相手の女性に、一緒に過ごした時間が楽しかった、また、もう一度あなたと楽しい時間を過ごしたい

という気持ちを明確に表明します。

疑問を持っている女性

このあたりのところを曖昧にしていると、女性の方も、
「私と過ごして、もしかして楽しくなかったのかな」
とか
「買い物に付き合っただけなのね」
みたいな気持ちになってしまいます

二人一緒に楽しく過ごした直後、彼女の気持ちも高ぶっているはずです

このチャンスを逃す手は有りません。

彼女が家に帰って「冷静」になる前に次のデートの約束をする、これも、彼女を作るための鉄則です。

そして、彼女がOKだったら、すかさず具体的日時も決めてしまいます。

まあ、今回は買い物に付き合うなどの理由があって、仕方なく付き合った?
「なんちゃって初デート」ですから

次回は本物の初デートになります。気合いを入れて頑張りましょう。

仲良くなった女性と口実を設けてデートした後のホントの初デート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする